tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

天淨沙・秋思--元・馬致遠

(大篆「天淨沙・秋思--元・馬致遠」 作者:張重憲)


  天淨沙 ・ 秋思〔越調〕
 


         元・馬致遠


枯藤老樹昏鴉,枯藤の老樹  昏(くれ)の鴉,


小橋流水人家,小橋の流水  人家,


古道西風痩馬。古道の西風  痩馬。


夕陽西下,  夕陽  西に下れば,


斷腸人在天涯。斷腸の人  天涯に 在り。


●注釈
♪馬致遠(1250~1324)
元初の元曲の作家。字は千里、号は東籬。大都の人。
江浙行省務官にまで上った。世宗のとき、大都玉京書会に入った。
雑劇十四種を作った。
白樸・関漢卿・鄭光祖とならぶ元曲の四大家のひとり。
代表作『漢宮秋』、『青衫涙』。


♪ 天淨沙・秋思:元曲。重苦しい語感の名詞によって構成されている特異な作品。
『越調』は宮調(=楽曲)を指し、
『天浄沙』は曲牌名(=詞の長短の句や押韻等の形式)を指す。
『秋思』が詞の題。元代に興った。


♪現代文訳
枯藤老樹昏鴉:冬枯れで葉が落ちたフジの蔓と古木、
      (更に)夕暮れ時の(数羽の)カラス(の姿)。  
       *秋の点景で、重苦しいものを挙げている。
小橋流水人家:小さな橋が架かっている)せせらぎの(畔にある数軒の)人家。 
       *秋の点景で、規模の小さいものを挙げている。 
古道西風痩馬:古くからある古びた道で、秋風が痩せた馬に(吹きかかり)。 
   *秋の点景で、衰勢を表すものを挙げている。 
夕陽西下:夕日が西に沈もうとする。 
斷腸人在天涯:辛い思いをしている人が、故郷を遠く離れ、地の果てを旅している。
       ここでは、独り旅をしている作者自身を指す。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


書道家の作品集をUPしました。
興味のある方はのんびりと眺めて頂ければと思います 。


更新!張重憲氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/6.html      
   
  閻秉会氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/25.html     
   
  頓子斌氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/24.html



皆様のご感想ご意見など、コメントをお待ちしています。
ご気軽にお立ち寄り下さいませ。
お問い合わせ:zhxu35@yahoo.co.jp にてお願いします。


(*ブログの中では使用している作品画像はこのブログの中でのみという
事で承諾しております。無断複写(転用・転載)はご遠慮ください。)


ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へにほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。