tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

海内存知己 天涯若比隣




 


(海内存知己 天涯若比隣 作者:張重憲)


出所:王勃「送杜少府之任蜀州」
(中国唐代初期の詩人で「初唐の四傑」の一人、王勃が友人を見送った際の詩)


読み:海内存知己(かいだい ちきを そんすれば)


   天涯若比隣(てんがいも ひりんの ごとし)



意味:海内かいだい知己を存すれば、天涯も比隣の若し.
   心の知れた友がいれば世界のどこにいても近しく感じる



この世界の中で、自分を理解してくれる友がいる限り
、遠くに離れているお互いが傍にいるのかような感じを指します。


たとえ遠くて離れても、
心は軒続きの隣同士のように密接に結ばれているという気持ちなんです。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

書道家の作品集をUPしました。


興味のある方はのんびりと眺めて頂ければと思います 。


更新!張重憲氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/6.html      
   
  閻秉会氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/25.html     
   
  頓子斌氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/24.html


皆様のご感想ご意見など、コメントをお待ちしています。
ご気軽にお立ち寄り下さいませ。


お問い合わせ:zhxu35@yahoo.co.jp にてお願いします。


(*ブログの中では使用している作品画像はこのブログの中でのみという
事で承諾しております。無断複写(転用・転載)はご遠慮ください。)


ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へにほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。