tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

スビラックス中国巡回展

週末にスビラックス中国巡回展を見に行きました。
会場内には説明員の方が付いているから、色々説明してくれて大変助かりました。


スビラックス氏(Josep Maria Subirachs, 1927-2014)は

あの有名なサグラダ・ファミリア(日本語に直すと“聖家族”でしょうか。)
の西側に飾られている“受難のファサード”と言う彫刻群を作ったカタルーニャの彫刻家です。

今回の展覧にはその彫刻群の中に代表的な作品を展示しましたが、

ここにはよく知られている「最後の晩餐」(上)と「ユダの裏切り(ユダの接吻)」(下)を取り上げます。

(The Last Supper 版画 2002 )

(The Betrayal of Judas 版画 2004 )



スビラックス氏は1968年からパワーと活力の象徴としての馬をよく作品に取り上げ、

騎士シリーズを作りました。

(Equestrian 版画 2005)

(Coursier 青銅 2006)



西洋芸術家の目から見た中国の「万里の長城」と中国の龍です。


(The Great Wall and Dragon 版画 2005)



メビウスの輪と言うは、帯状の長方形の片方の端を180°ひねり、

他方の端に貼り合わせた形状の図形(曲面)のことです。「無限大」を意味しています。
もともと数学上の概念ですが、芸術においても題材としてよく取り上げます。

(The strip 青銅 1993)


(The ribbon アクリル板 2006)



「Cryptogram」と言う作品は左側の「スビラックス暗号」とメビウスの輪二つの部分からなります。
「スビラックス暗号」はスビラックス氏により考案したものです。
パズルは16個の数字からなります。

色々な方法でこれらの数字を組み合わせして、それを合計するとどちらも33になります。
33と言う数字はイエスの死及び復活の年齢だそうです。


上の「The Betrayal of Judas」には同じパズルが画面に出でいます。

イエスの死を暗示しているそうです。


(Cryptogram  青銅   1998)


 (一部の例です。)



ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


にほんブログ村


にほんブログ村 書・書道
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。