tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

念奴嬌 赤壁懷古


(蘇軾「念奴嬌 赤壁懷古」 作者:閻秉会)


中文:
    念奴嬌 赤壁懷古
           宋 蘇軾
大江東去, 浪淘盡、千古風流人物。

故壘西邊, 人道是、三國周郞赤壁。

亂石穿空, 驚濤拍岸, 卷起千堆雪。

江山如畫, 一時多少豪傑。


遙想公瑾當年, 小喬初嫁了, 雄姿英發。

羽扇綸巾, 談笑間、檣櫓灰飛煙滅。

故國神遊, 多情應笑我, 早生華髪。

人間如夢, 一樽還酹江月。



日文:
    念奴嬌 赤壁懷古
           宋 蘇軾


大江東に去り、浪は淘い盡くす、千古の風流人物を。
故壘の西邊、 人は道う是れ三國周郞の赤壁なりと。
 亂石は空を穿ち, 驚濤は岸を拍ち, 千堆の雪を卷き起こす。 

江山畫けるが如く,一時多少の豪傑ぞ。 

遙かに想う公瑾の当年、 小喬初めて嫁し了へ, 雄姿英發なりしを。
 羽扇綸巾、談笑の間に檣櫓は灰飛し煙滅す。 
故國に神遊し、多情は應に我を笑ふべし,早に華髪を生ぜしを。 
人間は夢の如く, 一尊還た江月に酹せん。


現代文訳:
 大江の水は東へ東へと流れゆき、 波は千年の古人のおもかげを洗いつくした。
 あの石垣の西の方、そこが三国のころの周瑜の古戦場、赤壁だと、ひとはいう。
  岩石は雲の峰のくずれたにもまがい、おどろしく、
 さかまく波がしらは岸をつんざき、雪の山にも似たしぶきを飛ばす。    
 画をみるような山と川、あのひととき、ここに出あった英傑の数はいかばかりであったか。    


 想いやれば、周瑜はその年、 美しい小喬を迎えたばかりで、
 英雄のすがたいさましく、羽うちわと綸子の頭巾(をつけた諸葛孔明との)    
 談笑のしばしの間に、強敵は灰けむりとなって、ついえ去った。    
 ああ、故里へ魂ははせる。    
 こころある人は、笑うであろう、私が早くも白髪頭になったと。    
 だが、人の世はまことに夢。    
 まずはこの一本の酒を大江の月にささげるとしよう。
                          (小川環樹「中国詩人選集・蘇軾」より)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  書道家の作品集をUPしました。

興味のある方はのんびりと眺めて頂ければと思います 。

張重憲氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/6.html

閻秉会氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/25.html

頓子斌氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/24.html


皆様のご感想ご意見など、コメントをお待ちしています。

お問い合わせはzhxu35@yahoo.co.jpにてお願いします。

ご気軽にお立ち寄り下さいませ。


(*ブログの中では使用している作品画像はこのブログの中でのみという事で

承諾を受けております。無断複写(転用・転載)はご遠慮ください。)




ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へにほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。