tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

漢字の真面目

(留念「記念」 現代書道 作者:頓子斌)


(無題NO.1)


(無題NO.2)

(無題NO.3)

(無題NO.4)


橫看成嶺側成峰,遠近高低各不同。

不識廬山真面目,只縁身在此山中。

        蘇軾 題西林壁


(橫ざまに看れば嶺と成り側らよりは峰と成る,

遠近高低各同じからず。

 廬山の真面目を識らざるは,

只身のこの山中にあるに縁る。 

           蘇軾 西林の壁に題す) 



廬山は外に表してる様子が一種とは限らない、

真っ正面から、真上から、右から、左から……

色々な角度から様々な面目が表している。

それを集めると廬山の本当の面目になると思う。


漢字もそうだと思う。
その左右・上下・前後に其々の面目がある。

 漢字を回転すると、 

伝統書道に見落とされた部分が解放され、 

表現方式は多様になり、

 疑わなく真っ正面からの面目よりもっと豊かになる。 

魅力な世界です。



ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


にほんブログ村


にほんブログ村 書・書道
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。