tyoukyoku's Blog

詩書画を通じて中日間の文化交流を深めたい

(嫉 作者:頓子斌)


嫉 (しつ)は、仏教が教える煩悩のひとつ。
自分だけの利益や世間の評判(名聞利養)を 希求し続けると、

人の栄達等を見聞きすると深い嫉妬を起こすようになる。

嫉妬は人間関係において、ありふれたものです。人間の本能だと思います。

例えば

「仕事」であれば自分よりできる人、成功している人などに対して抱きます。
「恋愛」であれば自分よりきれいな人に対してや、

    好きな人がしゃべっている相手にさえ嫉妬の感情は起こるでしょう。 
「お金」であれば自分より裕福であること、 
「幸せ」であれば、にこにこ笑顔な人に対して抱くかもしれません。


嫉妬の感情がうまれるとイライラしたり、一日中そのことが頭から離れなかったり、

別のことに集中できなかったりと、楽しくないことだらけですよね。

 
しかし、嫉妬と言う感情はさらに自分を成長させるのに必要な感情でもあるのです。

羨ましいという感情が起こらないということは、

どうでもいいやと思っているのと同じことです。

嫉妬という感情が湧きあがったら、成長のチャンスと言えます。

自分も「ああなりたい」と願っているのだと認識して努力を重ねてみてはいかがでしょうか。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
書道家の作品集をUPしました。

興味のある方はのんびりと眺めて頂ければと思います 。


  張重憲氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/6.html

更新!閻秉会氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/25.html
 
 頓子斌氏作品集:http://tyoukyoku.muragon.com/entry/24.html


皆様のご感想ご意見など、コメントをお待ちしています。

ご気軽にお立ち寄り下さいませ。

お問い合わせ:zhxu35@yahoo.co.jp にてお願いします。


(*ブログの中では使用している作品画像はこのブログの中でのみという事で

承諾を受けております。無断複写(転用・転載)はご遠慮ください。)


ランキングクリックをよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 美術ブログ 筆文字・アート書道へ にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。